これで完璧!税金について知ろう!

>

税金に詳しくなろう

税金の納め先による分類

税金と言っても、実にさまざまな種類がありますし、いろいろな分類の仕方があります。
まず、税金の納め先が、国なのか、それとも都道府県や市町村などの地方なのかによって分けることが可能です。
前者は国税と言い、後者を地方税と呼び、また、地方税は納め先により都道府県税と市町村税に、さらに細かく分けることができます。

国税として身近なものとしては、普段買い物をするときに支払っている消費税や、酒税、たばこ税などが挙げられます。
他にも、所得税も国税ですので、労働者にとっては馴染み深いものではないでしょうか。

一方で、地方税として聞きなれているものとしては、固定資産税や自動車税がこれに当たります。
また、いわゆる住民税も、住んでいる都道府県や市町村に収めている、地方税の一種なのです。

直接税と間接税

税金の種類にはいろいろなものがあるのですが、税金を分類するうえで、その税金を納めている人と負担している人が誰なのかによって、呼び方が変わってきます。
まず、税金を納めている人と負担している人が一致している場合の税金を直接税と言い、所得税や住民税などがこれに当たります。
普段私たちは労働し、それにより得た賃金の一部を所得税や住民税として納税としていますので、イメージしやすいのではないでしょうか。

一方で、納めている人と負担している人が異なる場合の税を間接税と呼び、消費税やたばこ税などが代表的なものになるでしょう。
買い物をした際に、商品に課せられた消費税を、私たちは直接国や地方に納めているわけではなく、まずは買い物をしたお店に支払っていますよね。
このように、税金を負担している人が変わっていくため、間接税という名がつけられています。


この記事をシェアする